栃木の自然:壬生東雲公園の桜2022満開

下都賀郡壬生町の東雲公園と黒川河畔の桜並木は見事です

満開となった3月31日に行ってきました。

残念ながら曇りでしたが、暖かさに誘われてたくさんの方が訪れていました。

駐車場は満車です。

たまたま出る車があったので入れました。

土日は河川敷の臨時駐車場が便利ですね。

メイン会場の周りもきれいなんですが、おすすめは北の方の河川敷です。

15分ほど歩き幹線道を渡ると西側にソメイヨシノの古木が並んでします。

まばらに咲いた黄色の菜の花とマッチしています。

人も少ないのでのんびりお花見が楽しめます。

こんな光景が見られますよ。

ちょうどカーブしているのでいい感じですね。

東武宇都宮線の電車が走り去りました。

これもいい感じです。

電車で桜が隠れてしまいました・・・

メインの公園にはこんな感じでライトアップの準備が有りました。

コロナの中、こんなものがうれしいですね。

ここからは過去の記事です

壬生町の中心壬生駅の北、思川沿いにある東雲公園。ここは、「しののめ桜まつり」でにぎわいます。近隣に臨時の駐車場が設置されますが、桜の時期の週末は大渋滞です。早めのお出かけか、東武線壬生駅で下車して歩くのがおすすめです。

桜まつりには、屋台がたくさん並ぶほか、臨時のステージでは各種のもようしものが開催されます。桜並木を愛でながら、美味しいものを食べイベントを見るなど春の一日を満喫しましょう。

ここの桜のおすすめは、なんと行っても黒川河畔の桜並木です。大きな古木の桜が川岸の遊歩道に沿って続いています。端から端まで歩くと結構な運動になります。その後で飲むビールも格別ですね。

また、時折東武線が桜並木と黒川を横切ります。絶好のシャッターチャンスですから逃さないようにしましょう。

しののめ公園内にはソメイヨシノと違った種類の桜もあります。子どもたちの遊具もありますから、家族揃ってのお出かけはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。