栃木の自然:小田代原の自然と日光の山々

戦場ヶ原から小田代原のんびり散策が素敵です。

小田代原の草紅葉と貴婦人を眺めに行ってきました。

三本松の駐車場はほぼ満車状態です。エコバスに乗って向かう観光客が多いですね。

我々は歩いて行くので、バス待ちはありません。駐車場はぐるっと廻ると何台か会いていると行った状態でした。

三本松から小田代原に向かうと、湯川を渡ります。豊かな水をたたえた湯川はいつ見ても美しいですね。魚の影も時折すばやく動いています。

この日は水の中を泳ぐネズミがいましたが、残念ながら写真には写せませんでした。

ルートにも寄りますが1時間ほど歩くと小田代原に到着します。

草紅葉が始まっていました。奥に見えるのは太郎山、小真名子山ですね。

男体山や大真名子山も見えています。貴婦人の後方は頭を隠した小真名子山ですね。

帰りは、小田代原を周回し泉門池(いずみかどいけ)を見て戻ります。

泉門池は千沼ヶ原の中央にある池です。池の端に椅子とテーブルが設置してあるので、ここらへんで昼食がおすすめです。枯れた木と池の透明な水の色がいい雰囲気の場所です。

旧にヘリコプターの音が響いてきました。白根方面は雲の中です。道迷いならまだいいのですが、滑落とかは心配です。

戦場ヶ原と小田代原周回の散策、お昼を含めて3時間から5時間位で様々なコースを歩けます。

四季折々の花々に触れてみませんか。

栃木の情報あれこれはこちら

栃木百名山登山の記録はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です