栃木の自然:霧降の隠れ三滝、ドラマにもなった隠れた名瀑

霧降の滝に比べるとマイナーな隠れ三滝、3つの滝を巡る大山散策はおすすめ

玉連の滝

 霧降高原の天空の階段から南に進むと前方左手に小高い大山が見えます。大山まで散策すると霧降の隠れ三滝を見ることができます。

隠れ三滝とは、マックラの滝、丁字の滝、玉蓮の滝の三滝のことを言います。

キスゲ平からしばらく進むとちろりん村があります。その入口前を通り過ぎて1つめの分岐を左に暫く行くと丁字ケ沢を渡ります。

その後の分岐を右に折れ沢沿いに進み分岐を右に行くと丁字の滝があります。

丁字の滝は大きな岩盤の上を何段かに渡って流れ落ちています。

少し戻り分岐を今度は別な方に行くと戊辰の役の際に使われた旧道の一部を通リ、玉蓮の滝に向かいます。

玉連の滝は丁字の滝と違って一筋でなく読んで字の通りすだれのように何筋もの滝が枝分かれして流れ落ちています。

最後はマックラの滝です。先程の旧会津街道を北に向かい分岐を右に折れるとアスファルトの道路に出ます。右に折れて川を渡ると大山に向かう道とマックラ滝に向かう分岐があります。時間があれば大山も散策しましょう。

今回は直接マックラの滝に向かいました。

マックラの滝はこれまでの2つの滝と違い、流れてきた滝が最後に滝壺に落ちていく滝です。

マイナスイオン効果はこの滝が一番高いのではないでしょうか。

霧降高原から往復周回で3時間程度のコースです。チロリン村でお食事をしたりお買い物をする場合はチロリン村の駐車場に車を置いてもらうとさらに便利です。

霧降の穴場的スポット隠れ三滝を歩いてみませんか。

チロリン村公式サイト

隠れ三滝ハイキングマップはこちら

栃木の情報あれこれはこちら

栃木百名山登山の記録はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です