栃木の自然:霧降高原天空の回廊

霧降高原の天空の回廊を登りながら季節の植物を愛でませんか。

 霧降高原の1445段の天空の回廊は赤薙山や女峰山の登山口ですが、階段だけでも様々な高山植物に会える素敵な場所です。

天空の回廊にはAからRまでの鑑賞場所や休憩場所があります。階段の途中には今何段ぐらいかの標識があるので頂上までの目安となります。半分すぎるとやや元気が回復しますね。

階段が約1500段、標高差が約250m違うと下の方と上の方で若干咲いている花のようすが違います。回廊の下の方では、コバギボウシやオトギリソウハナショウブなどが満開で咲いていました。

ニッコウキスゲはもう花がありません。

高度が上がるにつれて、ニッコウキスゲも最後の輝きを見せていました。7月下旬では群生という感じは有りません。

上の方にはノリウツギが満開を迎えています。ショウマの仲間も満開ですね。

天空の回廊途中にある展望所です。上も下も霧が湧いています。所々にニッコウキスゲの黄色が見えます。

回廊の上の方はキスゲの他にオニユリやツリガネニンジン、コメツツジも咲いています。

ヤマブキショウマ、ニッコウキスゲ、シモツケ、オトギリソウが上の方にはたくさんありました。

階段の上と下には扉があります。また、このあたり一帯は柵で覆われています。シカに食害でニッコウキスゲがかなり少なくなっているようですね。新たに苗を植えたりしてニッコウキスゲの群生の保全活動を行っていました。

天空の回廊の一番上まで行ったので、せっかくですから柵を超えて小丸山まで散策しました。ちょうど霧が晴れて少しの間だけ赤薙山方面が見えました。

栃木の情報あれこれはこちら

栃木百名山登山の記録はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です