栃木の名所・旧跡:霧の真岡鉄道

名所というほどではありませんが、栃木の真岡線は蒸気機関車が走ることで有名です。

ここは真岡線と国道123号線が交差する踏切の北にある七井駅です。

たまたま踏切を通過するタイミングが霧だったので、真岡線の車両を待ってみました。

あたり一面結構深い霧です。

時刻表を調べると茂木行の下りが10分後ちょうどいいタイミングです。

ちょっとした空き地が有るので、待たせてもらいました。

空地の植物が霧でしっとりとしています。

ムラサキツメクサの花にも水滴がついています。

毛虫のような葉っぱが綺麗でした。

いよいよ列車がきます。

徐々に霧の中から現われました。

一両編成ですが、10時頃はガラガラでした。

霧の中から現われる列車が取れて、朝から満足です。

栃木県の情報あれこれはこちら

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です