栃木の名所旧跡:大河ドラマ「麒麟がくる」の撮影地がいい

「麒麟がくる」の撮影地で栃木県塩谷町と書いてある場所はここ上沢です。

正面に日光連山があるここ上沢の住所は、栃木県塩谷郡塩谷町上沢です。鬼怒川にかかる上沢橋の北の河岸になります。

写真のように日光連山が正面にドーンと見える絶景の場所です。

猪除けでしょうか?道路と川岸の間を柵が伸びています。

この左手が撮影地です。?

なるほど、戦国時代の撮影にNHKが選んだわけがわかりますね。

道路の右手には、この道路を作った際に移設した馬頭観音が並んでいます。

趣がある造形物ですね。

昔から馬が貴重な移動手段であったことを物語っています。

ここの場所は、宇都宮市田原で田原街道とのY字路を左に折れて道なりにしばらく走り鬼怒川にかかる上沢橋の北側に広がる河原です。

タイムラプス映像を掲載しましたが。早すぎました。

ここは、夏だけ放牧する町営の上沢放牧場だそうです。

橋の上付近を高圧線が走っていますが、ここより西には鉄塔や電線がありません。

撮影には絶好の場所なんですね。

こんな場所で戦国時代に思いをはせながら、日光連山を眺めるのもいいですよ。

上沢までのタイムラプスと付近の動画はこちらです。

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です