栃木の自然:雪融けの小田代ヶ原

3月中旬も過ぎると、ここ小田代ヶ原も雪融けです。

日光ドライブ動画はこちらです

2020年は異常な暖冬なので、3月11日の時点でもう雪はほとんどなくなっていました。

赤沼の駐車場は3月いっぱいは開いていません。

三本松のドライブインに止めるか、平日なら路上駐車でしょうか。

小田代原に向かう戦場ヶ原はほとんど雪がないので、運動靴でもなんとか行けそうです。

ただし、泥濘で泥だらけになってもいいという靴で行きましょう。

もちろん雪がないといっても一部には残雪が有ります。

午前中は凍っているので転ばないよう注意しましょう。

また、氷の下や硬くなっている地面の下は霜柱上になっているので、温度が上がってしまうとふみ抜きに注意です。

この日は、東京で20度を超えるような暑さだったので、奥日光も結構温度が上がっていました。

お昼には雪はシャーベットになっています。

暖かかったものの、強風が吹き荒れていたので、残念ながら目的の野鳥にはあまり会えませんでした。

それでも、キバシリとエナガに会うことができました。

小田代ヶ原にも雪はもうほとんどありません。

遊歩道上は全く雪なしで歩けます。

そんな中、貴婦人はどっしりと日光連山を背にしていました。

青空と日光連山の残雪が大変綺麗な日でした。

強風がよかったのかもしれません。

でも、風は南風だったのですが、時折立っていられないほどの風でした。

戦場ヶ原は昨年の台風19号の影響で遊歩道が一部通行止めになっています。

戦場ヶ原の入り口には掲示してありますので、よく見てから向かってくださいね。

栃木県の情報あれこれはこちら

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です