奥日光遊歩道と千手が浜は通行注意(2020)

戦場ヶ原のメインルートと中禅寺湖北岸は現在通行止め

緊急事態宣言解除ですが、奥日光の戦場ヶ原周辺は通行に注意しましょう。

奥日光の現在はまだまだ一部の駐車場が閉鎖されています。

中禅寺湖周辺は開いていますが、日光湯元周辺は全面封鎖です。

緊急事態宣言が解除されたので、6月1日からは奥日光も全面的にオープンするものと思います。

駐車場やホテル旅館、土産屋がオープンしても、まだまだオープンできない場所があるので注意しましょう。

1か所は、戦場ヶ原です。

赤沼から湯の湖に向かうメインのルートが昨年の大雨で通行止めとなり、まだ、復旧できていません。地図を参考にしてくださいね。

赤沼から湯の湖は小田代が原経由の遠回りのコースとなります。

泉門池から湯の湖に向かうルートも崩壊していますが、別の迂回路で湯の湖まで行くことができます。

地図や、看板が整備されていますので、間違いないようにしましょう。

ようやく奥日光もシャクナゲが咲き始めていました。

トウゴクミツバツツジやミネザクラは満開です。

緊急事態宣言明けは込み合うのでしょうか。ちょっと気になります。

ソーシャルディスタンスを心掛けて、奥日光の自然を楽しみましょう。

2点目は千手が浜のクリンソウです。

今年も、もう先始めていることでしょう。

でも、今年のクリンソウは三密を避けるため電気バスが自粛しています。

さらに、中禅寺湖北岸も工事で通行止め。

菖蒲が浜から向かうこともできません。

高山山頂経由ルートも一部北岸を通るルートは行けません。

赤沼から徒歩で行くことになります。

遊覧船は、6月1日から始まるとのことですが、千手が浜ルートがどうなるのかは分かりません。

千手が浜ルートが封鎖解除になると混みあうことは避けられませんですから。

ただし、中禅寺湖北岸の通行止めは8:00から17:00までですので、その時間をさけるという最後の手段も有ります。

栃木県の情報あれこれはこちら

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です