千手ケ浜2020:クリンソウは遠い

コロナ対策の自粛と遊歩道工事で往復20kmの千手ケ浜

2020年はコロナ換算予防のため、赤沼車庫からのバスは運休です。

中禅寺湖遊覧船も6月1日から始まりましたが、千手ケ浜ルートは欠航です。

おまけに一番近い中禅寺湖北岸遊歩道は工事中で7月いっぱいまで通行止めです。

ですから、千手ケ浜に行くルートは赤沼車庫から往復20kmを歩くルートがメインです。

赤沼車庫は早朝から満車ですから注意しましょう。

でも、ほとんどの車は戦場ヶ原までの方ですから、多少待てば空車が出ます。

何とか車を止められ出発です。

梅雨の合間の快晴で、素晴らしい眺望が楽しめました。

行程は、赤沼車庫から戦場ヶ原を縦断して小田代ヶ原へ、その後車道を少し歩き、古びてしまった遊歩道へ。

一部崩壊気味の場所が有るのと、人が誰もいないので熊との遭遇の危険なども怖い感じでした。

でも、車道は足が疲れるので、往復こちらを歩いてしまいました。

今回は、新型コロナ対策アプリのバッテリー消耗度を調べるという目的も有りました。

新型コロナ対策アプリはこちらです。

ヤマレコというGPSアプリと同時に起動してバッテリー消耗度を調べました。

結果は、ほとんど消耗度はいつもと変わらないかなという感じでした。

行程はこんな感じです。

歩くのは慣れてるとはいえ、さすがに20kmは足腰がボロボロでした。

でも、いつもなら大勢の人でにぎわうクリンソウと、中禅寺湖の景色をほとんど独り占めできたので。感動の一日となりました。

こんな感じで、誰一人としてカメラの中に入らないクリンソウの時期の千手ケ浜でした。

 小田代ヶ原や千手ケ浜で出会った花々のスライドはこちらに有ります。

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です