栃木の名所旧跡:栃木・群馬・埼玉三県境

三県境は全国に40数か所、平地に有るのは全国でも珍しい。

写真は道の駅から見た渡良瀬遊水地の地平線です。

ここ渡良瀬遊水地は、関東平野の北部にあるハート形の貯水池がある遊水地として有名です。

ウィンドサーフィンなどの水上スポーツをはじめ、遊歩道にはウォーキング、ランニング。サイクリングなどで賑わっています。

芝生のある公園には家族連れが沢山。そして、ここは探鳥の名所です。カメラや双眼鏡を持った人があちこちに見られます。

そんな渡良瀬遊水地は栃木、埼玉、群馬、茨城県の県民の憩いの場所となっています。

そんな自然豊かな渡良瀬遊水地ですが、意外と知られていないのは栃木・群馬・埼玉の三県堺が平地にあることなのです。

渡良瀬遊水地の西側の田んぼの中にその場所は有ります。

道の駅には看板が出ていますので、車を止めて歩いてみませんか。

県境は普通は2県境です。2県境は線になります。県境はたいてい川や山がその境になっていますから、登山などで県境を歩いた人もいるのではないのでしょうか。

三県境は全国で40か所ほど有るようです、でもそのほとんどは、山の中のようです。

平地の中にある珍しい3県境が、ここ渡良瀬に有るのですね。

足の長い人ならば、散歩で三県を渡り歩くことが可能です。

いかがですか、三県境に出かけてみませんか。

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です