壊れたWindowsパソコンが最強パソコンに蘇り

6年前に購入し、起動しなくなったwinndowsパソコンが最強マシンに変身しました。

娘が大学入学の時に購入したパソコンです。

当時では最高速のインテルcoreーi7、メモリは8GBに拡張してありました。

winndowsも8から10にバージョンアップです。

しかし、年が経つにつれ少しづつ遅くなってきました。

そろそろ、SSDに換装しようかとも思っていました。

しかし、それを待たずにwindowsが起動しなくなりました。

娘に聞くとリカバリーUSBは作っていないとのことです。

もしかして、購入時の状態に修復できるかとやっていましたが、それも不能でした。

付属のプロダクトキー等も行方不明です。

こうなるとギブアップです。

暫くほって起きました。

必要になったら新品購入しようと物色していたら、マイクロソフトのサイトに新規インストール用のUSBが作成できることが分かりました。

さらに、最近のパソコンはwindowsのプロダクトキーが埋め込まれているので、何の問題もなく最新のwindowsがインストールできるとのことですす。

別なパソコンがあれば、壊れたパソコンに新しいwinndowsがインストールできるんですね。

これは、知りませんでした。

調べてみるものですね。

マイクロソフトの公式ダウンロードページはこちらです。

こちらのツールを今すぐダウンロードをクリックすると、ダウンロードできます。

このファイルを実行して、作成したいメディアをUSBかDVDか選択するだけです。

私はUSBに作成しました。

8GB以上のUSBが必要です。今はお安いですね。

中身が削除されるので注意してください。

このUSBを壊れたパソコンに挿して、USBから立ち上がるように設定するだけです。

Dynabookの場合はF2キーを押しながら電源を入れるとBIOSが起動しますので、USBのBOOTを一番目に設定しました。

何の問題もなくスタートしました。

ここで1点だけ注意があります。

内蔵ハードディスクには、複数のパティーションがあります。

それらを削除して新規に一つのパティーションにしないとうまくインストールできません。

これは、インストールの作業中にできるので前もって手順を調べておいてくださいね。

およそ20分ほどで最新のwindows10が入りました。

さらに、不要なソフトが何もないので、起動時間があっという間です。

こんなに早いんだと目を見張るほどです。

私のパソコンも新規インストールしたいなという感じですね。

マイクロソフトオフィスは、パソコン購入時に付属していたプロダクトキーがあれば再設定可能です。

マイクロソフトにログオンできれば、プロダクトキーも必要ないのですね・・・驚き。

いかがですか、素のwindowsを入れてパソコンを快適にリフレッシュしませんか。

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です