栃木の自然:夏の花咲く小田代ヶ原

いよいよ、小田代ヶ原を埋め尽くすホザキシモツケが見ごろとなりました。

たくさんの花芽があるので、これからが楽しみですね。

小田代ヶ原に限らず、湯川沿いのホザキシモツケはいい感じです。

快晴なので、男体山や温泉が岳などもきれいです。

例年より早い開花ですが、満開になるのはいつもと同じなのでしょうか。

今秋から来週が見頃ですね。

夏の花が早々と咲いています。

かなり多く咲いていたのは、こちらのヤマオダマキとイブキトラノオです。

イブキトラノオは群生が見事ですね。

ピンクのはハクサンフウロ、白いイブキトラノオにはちょうちょが羽を休めています。

右はセイヨウウスユキソウかな。

この時期には、きれいなチョウチョがたくさんですね。

残念ながらアサギマダラはいませんでした。

葉っぱの裏にはセミの抜け殻です。

今年はセミの鳴き声が少ないような?・・

黄色い花は、左からサワギク、キオン、キツリフメですね。

他にもたくさんの花です。

左から、ノリウツギ、クルマユリ、バイケイソウの花ですね。

戦場ヶ原から小田代ヶ原にかけては、四季折々の花が見られます。

いかがですか、夏の戦場ヶ原は素敵ですよ。

栃木県の情報あれこれはこちら

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です