栃木の自然:夏の沼原湿原

コロナ禍の夏休みに入りました。

東京は非常事態宣言。

首都圏も蔓延防止地域です。

オリンピックも無観客なので、4連休はかなりの人出がありました。

来てくれるなとはさすがに言えないですね。

皆さん、マスク着用で涼しい高原を楽しんでいました。

でも、サンダル履きのお姉さんが多いのでびっくりですね。

紅葉時期やGWのような車の混みようです。

もちろん満車には程遠いですが・・・

周囲に止まっているのは登山者、遅めの到着なのは県外の観光客ですね。

首都圏の車がかなり来ていました。

そんなにたくさんの花はありませんが、足元にはアキノタムラソウかな???

木の上にはノリウツギのようですね。

ピンクの花を見せてくれるのはシモツケソウですね。

咲き始めなので、これからが楽しみです。

黄色い花はオトギリソウかな、ちらほら咲いています。

湿原から那須連山、白笹山と南月山です。

右は、裏那須ですね。流石山、大倉山、三倉山の稜線です。

雲の切れ目から顔を出してくれました。

お昼を食べて時間もあるので、深山湖方面へ。

笹路ですが、しっかり狩り払われています。

時折かなり古い看板があります。

この道はなんでこんなに整備されているのか不思議です。

途中の痩せ尾根には金属製の立派な道が整備されています。

でも、誰ともすれ違いません。

この道をたどるのは誰なんでしょうか。不思議な道です。

雲が出てきたので、途中でやめて戻りました。

ショウブやヤマブキショウマ、ウツボクサなどが咲いていました。

皆さん天気の心配があるので、15時にかなりガラガラな駐車場でした。

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら

栃木の自然:夏の沼原湿原” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です