南会津紅葉紀行:観音沼よりも素敵だった七が岳登山口周辺

南会津の紅葉は絶景でした

白河から下郷の観音沼へ。

風がなく快晴なので沼に写る青空と白い雲と山並みに紅葉。

とっても素敵でした。

でも、近隣のカメラマンによると今年のモミジはちょっと先週も今週も赤がないとのこと。

いわれてみればオレンジと黄色が強い感じでした。

それでも、沼に写る紅葉と山並みはとっても素敵でした。

青空と白い雲もいい感じですね。

これに赤が入れば本当に素晴らしい景色なんでしょうね。

こちらの駐車場はかなりの台数が入れます。

満車にはならないようですね。

10時の時点で1/3も入っていませんでした。

でも、紅葉の時期ならでは人出であったと思います。

南側には裏那須の山並みがきれいでした。

カラマツ林の紅葉はお見事な感じですね。

別荘のような白亜の建物があります。

こんなところに別荘が建てられるんですね。

住んでみたいですね。

赤色はもう一つですが、それでもモミジの色合いは素晴らしかったですね。

やっぱり紅葉の王様はモミジですね。

しばらく歩くと見晴らし台です。

こちらは、沼が見渡せる見晴台なんですね。

上から望む観音沼と紅葉はやっぱり素敵です。

さらに進むと展望台です。ここからは周りの山々の紅葉が眺められます。

ぜひともここまで来てほしい場所ですが、ほとんどの方は手前でで帰るようですね。

それぞれの山が違った色に輝いて見えます。

真ん中の写真の中央は飯豊山ですね。

まだ白くなってはいない感じでした。

観音沼の場所はここです。

こちらを後に会津長野方面に向かいます。

正面の山並みの紅葉や道路わきの紅葉はなかなかのものですね。

途中畑が赤く色づいていました。

近くで見るとそばの茎の紅葉のようです。

そば粉の実を刈り取った後の紅葉なんですね。

背景の山々の紅葉と蕎麦の茎の紅葉。

いい感じじゃないですか????

会津田島駅にOZATORA列車が停車してました。

こちらの駅から見る紅葉とオザトロ列車は良い感じでした。

OZATORAとはお座敷トロッコ列車の略なんですね。

こちらでお昼を食べて、次は七が岳登山口駅周辺へ・・・

七が岳登山口が駅名になっているんですね。

こちらの登山口からの登山道は崩壊しているので、入山禁止のようです。

車も通らないので、本当に素晴らしい紅葉でした。

青空を誇張したり、紅葉を誇張したりしてしゃしんをたのしみました。

来年は七が岳の紅葉の時期に登山することに決めました。

本当にこの辺りの紅葉は見事の一言です。

ここから宇都宮方面に戻ります。

途中にワイルドワンが経営する、フィールド牡鹿に寄ってみました。

キャンプ場には車がいっぱいです。

11月でもテント泊が人気なんですね。

三依の手前でお日様がまた出てきました。

紅葉にはお日様がやっぱり似合いますね。

宇都宮から周回で200kmを越えますが、紅葉を満喫した南会津ドライブでした。

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら