中華プロジェクターは使えるか???

最近1万円を切る中華プロジェクターがアマゾンなどで販売されています

本当にテレビの代わりに大画面で使えるのか検証してみました。

結果は、暗い部屋なら思ったよりも使える製品です。詳しくはこのあとの記事を読んでくださいね。

ちょっと厳し目なのは、数値は事実なのでできるだけ正確に表現したからです。

こちらの商品です。

新しく販売されたものでこれで9998円です。

今なら、1500円の割引クーポンで、7498円です。

これなら、映画4本見たら超えちゃう価格😱

PO.YANK WiFiプロジェクター 6000LM【720Pネイティブ解像度】スマホとケーブルなしで直接接続 1080PフルHD対応 デュアルスピーカー内蔵 スマホ/タブレット/パソコン/TV Stick/ゲームプレイヤー/DVDプレイヤーなど多種多様な機器と接続可能 標準的なカメラ三脚に取り付け可能

こんな風に説明があります。

今回、4500ルーメンから6000ルーメンにアップしました。

項目別に確認してみました。

こちらがその製品です。

見た感じは、比較的小さめのプロジェクターですね。

それでは、機能について本当に記載のスペックがあるのか検証してみましょう。

明るさは6000Lm

よく見ると説明の中に5500Lmになっている場所もあります。

明るさ5500 lm

そのくらい結構適当なんですね。・・・

6000Lmというとホールや講堂で100人以上の場所に適するレベルです。

そこまでの明るさはりません。見たところ1500Lmくらいかな???

旧機種が4500Lmなので、それよりはかなり明るくなっています。

この明るさは、日本製品でも会社によって説明が違うのですが、暗い環境で80インチで使えるレベルがおよそ1500Lmが標準です。 

実際にはそんな程度なんでしょうね。

6000Lmはいくら何でもおかしい数字だと思ってくださいね・・・それこそ、100人も入るような場所で使えるレベルですから。

ただ、数値は大きく盛られてますが、暗い部屋で映画を楽しむなら、期待してもいいですよ。1500Lmはそれなりの明るさです。

実際に写真に撮ってみました。

この2枚はテレビの大きさが見られるようにフラッシュ撮影。

ちょっと画面は暗くなりますね。

下に写っているテレビは33インチですから、80インチは有りますね。

スマホのフラッシュの光だけでこれだけ暗くなります。

部屋を暗くした状態で、フラッシュ無しで映像を撮影してみました。

部屋は6畳です😃

暗い部屋なら映画が十分愉しめる明るさです。

暗い部屋なら許せるくらいの明るさですね。

1080PフルHD対応

とありますが、これはフルHDの画像が入力できると判断してください。

あくまでもフルHDの映像が映るということです。4Kも写ります。

でもフルHDや4Kの解像度はありません。

疑似フルHDです。

ですが、パソコンの画面は全く問題なく作業で字が読めます。

暗い環境でやるかは別ですが。

そこは対応という言葉なので記載に間違いはありません。

テレビの4Kとの比較は1万円と言うことで勘弁して上げるくらいです。

想像したものよりはかなり良くなっています。

デュアルスピーカー内蔵

こちらはステレオスピーカー内臓ということです。

モノラルではないので一応ステレオです。

音声を重視したいなら別途スピーカーシステムは必要です。

音量音質は最低限です。

これは日本の製品でも同じですね。

大きな会場ではマイクでスピーカーの音を拡声した経験はたくさんあります。

部屋が小さい個人ユースなので、高音質ヲ求めなければ、全く問題ありません‥

スマホ/タブレット/パソコン/TV Stick/ゲームプレイヤー/DVDプレイヤーなど多種多様な機器と接続可能

HDMIとWi-FiとUSBとミニRCA/AVがあるので、一応記載にはまちがいはないです。

こちらの写真が入力端子です。

接続コードはHDMI、USB、VGA、AUX、AV、TFが付いています。

HDMIはビデオやパソコン、ゲーム機などのデジタル映像音声ケーブルです。

これがあれば最近の機器は使えます。

ミニのAUXやAVはかなり古い形式です。

使える機器があればですが、あまり使うことはないでしょう。

VGAはパソコンの映像コードです。

最近はパソコンもHDMIに変わっています。

古いパソコンでは使えるかもです。

USBはスマートフォンとの接続でしょうか???

TFはマイクロSDカードの古い呼び方です。

SDカードの記載がないので、SDカードが使えないこともあるかもしれません???

標準的なカメラ三脚に取り付け可能

カメラ三脚を付けるねじ穴があります。

使うかどうかは微妙です。

部屋の中なので、テーブルの上に置けば安定します。

あると便利な百均の延長コードとプラグ

その程度の明るさと解像度なので、ケーブルもそれなりで十分です。

百均のもので十分でしょうか。???

結論

実験結果は以上です。

結論として、暗い部屋で大画面で映画を楽しみたいという方ならかなりの期待度で見られます。

部屋を暗くしてカップルで映画鑑賞とかならばっちりかな❗

狭い部屋なので大きくても80インチ程度と割り切ってください。

広い部屋でさらに大きくすると暗くてもみずらくなります。

音声は好みで別途ステレオシステムを購入してください。

一万円で楽しめるプロジェクターとしては使える逸品です。

映像の解像度や部屋が明るくても使いたい程度の明るさをもとめるなら、5万円から10万円の製品を購入してくださいね。

太陽光が差し込む部屋の明るさは思った以上に明るいのです。

こちらならば、ある程度明るい部屋でも満足できる製品です。

栃木県の情報あれこれはこちら

栃木百名山完全踏破の記録はこちら