私が遭遇した詐欺サイトのまとめ

スマホやパソコンで騙された、騙されそうになった経験です。

下野新聞にサポート詐欺が増えているニュースがありました。

この手の詐欺は、自分で防ぐことしかできません。

自分の経験をまとめ今後のために自戒したいと思いました。

アンチウイルスソフトでは防げないこともあるので、ワクチンがあるからと安心しないでくださいね。

詐欺サイト

私が初めて失敗した経験です。

登山靴の割引販売のサイトでした。

登録して送金しましたが、品物が届きませんでした。

それだけですめばいいのですが、メールアドレスやパスワードも登録してしまったので、すべてのパスワードを確認して同じパスワードのものを変更する羽目に陥りました。

クレジットカードでなくPayPalだったので、クレジット番号を止める必要がなかったのはせめてもの幸いでした。

安易にクレジットカードの登録は危険ですね。

私の場合は、最終的にPayPalに相談して返金されました。

よく考えれば、ローバーなどの登山どはどこで買っても割引はほとんどないのが当たり前ですよね。

30%から50%引き、サイズ限定の文句にまんまと引っかかってしましました。

よくできていますよね・・・

左の方はアマゾンの中に展開しているサイトです。

今は在庫切れになっています。

レビューを見ると、品物は届きましたが粗悪品だったとのことです。

アマゾンの中にも詐欺サイトがあるのですね。(品物は届くので、詐欺と言えるかは微妙ですが・・・)

右のものは、今でもネット上にあるサイトです。

注意してくださいね。

こちらは、カード決済やPayPalなどの決済なのですが、振り込んだ後に連絡が取れなくなるそうです。

自分で入力して購入してしまうのですから、ウイルス対応ソフトでは防げません。

自分でしっかり判断することが大切ですね。

詐欺サイトを見分けるためには、

  • 文言をよく見て日本語がおかしい部分がないか確認する。
  • サイトアドレスや会社名を検索してみる。検索で何も出てこない場合も危険サイトですよ。
  • 電話番号や会社名、代表者名を検索してみる。
  • 割引率が高い場合はまずは疑ってくださいね。

有名なネットモール内であっても安心は禁物ですよ。

SMSを利用した詐欺

私が経験した中で、一番多いのはSMSを利用した詐欺です。

どなたでも一度や二度届いたことがあるのではないでしょうか???

多いのは、宅配物の不在通知です。

そのほか、「アマゾンの決済ができません。」「不審な購入がありました、確認してください」

などなどです。

こちらに添付されているアドレスをクリックすると詐欺サイトに飛びますので絶対クリックしないでください。

電話番号が書いている場合は、電話がかかってしまいます。

すると電話番号が相手にばれてしまいます。

カモになりそうだと判断されると次々に届きます。注意しましょう。

相手方は個人情報を盗んだり、スマホ等を乗っ取ったり、踏み台にしたりするために送信してきます。

SMSは電話番号で送ってくるので、ランダム送信なのです。

あなたの電話番号を知らなくても届くので無視しても問題ありません。

心配ならば、記載された電話番号やアドレスを検索してみましょう。

詐欺サイトや詐欺電話などとヒットしますよ。

不安ならこちらをインストールしましょう。

Whoscall

世界で一番多くの詐欺電話番号や詐欺サイトのデータベースを持つ会社のアプリです。

ワクチン通知詐欺

これにはさすがに驚きました。

スマホで2回、パソコンで1回遭遇しました。

右のような通知が突然飛び込んできます。

私はウイルス検出ソフトを使っていません。

それなのにこんな通知が届くのはおかしいと思いました。

調べたところ、これが詐欺通知なんですね。

こちらをクリックすると、対策金を振り込ませたり、ワクチンソフトをインストールしたりするといってクレジット番号等を入力するよう求めてきます。

でも、この通知は勝手に来るのではありません。

自分で設定したからなのです。

左のようなニセの許可通知が面が出た時に、許可してしまうと通知が届いてしまうのです。

許可しなければ通知はブロックされます。

安易に許可は禁物です。必ず内容をよく読んでください。

意味が分からなかったり、英語で読めない場合は許可はしないことです。

これが届き始めると本当にうるさいくらい来ますから、不安になってしいます。

ブラウザの通知設定で通知をオフにすればすぐに消えます。

安心して対応してください。

心配なら、すべての通知をブロックすることも有効です。

chromeの場合は

  • メニュー(右上の3つの点)をクリックする。
  • 設定 を選択する
  • 詳細設定 をクリックする
  • サイトの設定 をクリックする
  • 通知 を開く
  • 送信する前に確認する(推奨) をオフにする
  • これで ブロック中 に変わればOKです

他にもいろんな種類の詐欺サイトがあると思います。

最終的には自己判断です。

安易に安いものを購入したり、電話で返信したり、サイトを開いて個人情報を入力するのは危険です。

間違って危険なサイトを開いても、自分で情報を入力したり、許可したりしなければ感染することはないので安心してくださいね。

栃木県の情報あれこれはこちら

栃木百名山完全踏破の記録はこちら