Windows11はあっさりと

私のパソコンは2年半前に購入したLenoboのCPUがRYZEN7の製品です。

グラフィックカードのAMDのRADEONが対応しないのでアップデートが少し遅れていました。

アップデートができるようになったとの通知が届きましたが、ちょっと心配で遅らせました。

色々調べてみると今回のアップデートは大きな問題がなさそうです。

ソフトも普段使っているソフトは対応しているようなので、思い切ってWindows11にしました。

更新はこんな感じで普段のアップデートと同じ感じで進みます。

ちょっと時間がかかりますが、ダウンロードの後インストールが始まります。

100パーセントになるまで待っていましょう。

30分くらい放置です。

しばらくすると再起動が求められます。

指示通り再起動すると、Windowsの構成が始まり、ログイン画面になります。

ログイン画面はちょっとアイコンが小さくなった感じくらいで、大きな変化は有りません。

無事にログイン出来ました。

今回の大きな違いは、スタート画面です。

これまでになく初めて中央にスタート画面が置かれました。

こちらが画面の中央に来ました。

以前はずっと画面の左でしたね。

機能的に大きく変わったのは、タイルの画面が消えたことです。

私はあまりタイルを使わないので不便は有りませんでした。

また、エクスプローラーの表示が少し変わりました。

フォルダの表示がシンプルに戻りました。

これは以前の方がいいのかも・・・種類が全く分かりません・・・

ファイルやフォルダの右クリックの画面のメニューの一部アイコン表示になりました。

切り取り、コピー、削除などはアイコンです。

貼り付けは見えなくなりました。

その他のオプションの中にありました。

慣れれば問題ないですね。

これまで使っていたソフトは問題なく使えています。

今後しばらく使ってまたレポートしますね・・・・

栃木県の情報あれこれはこちら

栃木百名山完全踏破の記録はこちら