栃木の鳥スポット:市貝の水晶湖

芝桜で有名なこちらにある水晶湖はカモの楽園です。

カモの越冬時期は芝桜がないのでゆっくり探鳥できます。

人が来ると逃げてしまいますが、それほど大きくないので双眼鏡などがあれば楽しく見ることができます。

こちらが水晶湖です。

こんな感じでたくさんのカモが休んでいます。

でも、地下ずくとすぐに中央の方へ泳いだり飛んで逃げてしまいます。

一番たくさんいるのはマガモですね。

つがいでいるもの、一人でいるもの、仲間大勢でいるものといろいろです。

こちらはカルガモですかね。

と思っていましたら、オカヨシガモとのコメントいただきました。

こちらがオカヨシガモのつがいですね・・・・

手前がオスでしょうか、灰色でお尻が黒いです。

こちらの奥の方の二羽がカルガモですね。

くちばしの先だけ黄色です。

手前がマガモのつがいですね。

マガモに交じってあちこちに見ることができます。

こちらはヒドリガモでしょうかね。

数は少ないですが見られました。

右の写真の真ん中にいるのはつがいかな・・・

小さめですが彩がいいのはコガモですね。

こちらも確認できました。

湖のほかにも多くの鳥がいました。

この時期どこにでも見られるのはカシラダカですね。

お腹が白いのでホオジロと見分けがつきますかね。

お腹が褐色なのはホオジロですね。

なかなか見分けが難しい個体もいます。

他にもシメやモズも見られました。

この辺りの鳥はお立ち台が好きなのでありがたいですね。

いかがですか、冬晴れの穏やかな日は市貝の水晶湖でバードウォッチングしませか。

場所はここ

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら