栃木の名所:安住神社は日本一が好き

高根沢の安住神社はバイク神社認定第1号です

バイク事故が多いことから平成20年よりライダーの安全を願い、安住神社の航海・交通の安全を司る中筒男尊を御祭神として、境内の末社にバイク神社をお祀りしました。(公式サイトから)

栃木県内でも人気の神社ですね。

この時期は第3駐車場まで準備して初詣客を待っています。

バイク神社らしく、かなりの数のバイクが止まっていますね。

オミクロンが流行しだしていますが、今年は第七回初詣MTGを実施しているようですね。

冬場れの中皆さん密を避けて集まってきました。

大きな鳥居です。

関東一の大鳥居ですね。(高さ12m、笠木の幅14.4m)

ただし、本当に関東一なのかは疑問に思うところがあります・・・

高さでは県内の古峰神社に負けていますから…

すぐに目に入ったのは自衛隊の写真。

よく見ると日本で初めてヘリポートを備えたとか・・・

東日本大震災を踏まえて申請したらしいですね。

日本で一番目が好きな神社です。

二番目があるのかどうかは分かりません・・・

日本一なのは三段重ねとして有名な約700キロの巨大鏡餅だそうです。

なるほど本殿の前に八俵の大鏡餅がありました。

境内内にはいくつもの末社がります。

天満宮、生子神社、星宮神社、八雲神社です。

バイク神社と自衛隊神社は末社とはなっていませんね???

一風変わっているのがバイク神社ですね。

様々なバイクの写真が所狭しと飾ってあります。

ライダーがお参りしていました・・・

もう一つ目立ったのは金の狛犬です。

こんな風な記載がありました・・・

平成2年 安住神社鎮座壱阡百年を迎え さらに大嘗祭の奉祝を機にこれを記念して将来当社神道に慶すべく氏子・崇敬者の阿久津惠一氏が神門並びにブロンズ金箔狛犬一対を寄進されました。
寔に奇特の至りで、その功績を顕彰し深く感謝申し上げます。
この狛犬は長崎平和祈念像始め多くの名作を彫塑され日本芸術界の重鎮として多大の功績を残し昭和62年104歳の天寿を全うされました北村西望先生の作であります。
先生は文化勲章受章・日本芸術院会員となられた斯界の巨匠であります。この黄金の狛犬が社頭を守護し、祭祀の振興と氏子・崇敬者の皆様が西望翁の如く上寿されることを祈り、さらに開運・家内安全・交通安全・商売繁昌・合格・安産の御神徳が普洽されんことを祈願申し上げる次第であります。

平成2年11月22日

安住神社の由緒を読んで帰りました。

確かにヘリポートがありましたね。

場所はここ

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら