栃木の名所番外編:古河公方公園の花桃祭り

栃木県の隣り町古河市の花桃祭りです。

古河桃まつりは江戸時代に古河藩主・土井利勝が、領地に桃を植えさせたことに由来します。

公園内には、「矢口・源平・菊桃・寿星桃・寒白」の5種類の花桃があり、桃林は鮮やかなピンク色で染まります。

公式サイトにあります。

金曜日ですが満開の情報があるので、ほぼ満車状態です。

ソメイヨシノも開花していました。

きれいに咲いているハナモモです。

このピンクと菜の花の黄色がいい感じにマッチしています。

桃源郷ですね。

たくさんの花見客があふれていますが、マスクをしているのでコロナの感染は低そうですね。

ハナモモの木は新しいものと古いものがあり、それぞれ趣があります。

縦の写真が撮ってもいい感じですね。

中央にはいくつかの池が有ります。

池の中では留鳥のカルガモや冬鳥のオオバンが戯れていました。

青空がやっぱり素敵ですね。

柳の木も随分と緑が濃くなってきました。

遠くから眺めるのもいい感じの景色ですね・・・

菜の花の土手も日本の風景です。

いかがですか、古河市の古河公方公園の花桃祭りに出かけませんか・・・

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら