大手中古販売店の謎

下取り車の査定額だけを比較して中古車を買ってはいけない。

新車から7年乗ったトヨタプレミオ1500F Lパッケージの結構下取り価格が上がっているという話を聞きました。

7年で走行距離6万キロちょっと傷もあるので、せいぜい50万かなと思ってました。

こんな車です。

事故は有りませんが7年乗っていると結構傷があります。

屋根に石があたったへこみ、トランクに傷を塗りなおした跡。

脇に擦り傷です。

減額の最大の要因はリアバンパーの傷とへこみ。

販売するためにはバンパー交換が必要でしょう。

そんなわけで、マイナス要因は10万かな・・・

今回登山の車中泊用に軽のタントを購入することにしました。

早速ネットにある査定ナビで調べてみました。

まずは夢カーの査定ナビで

私が最初に調べたのは、完全匿名のこのサイト「夢あるカーライフ」です。

ここなら、氏名や電話番号を明かすことなくメールアドレスだけで見積もりがもらえます。

さらに傷の写真などを添付できるので、実際の価格にかなり近い価格が分かります。

このサイトでは、年式別の査定情報が見られます。また、実際の査定事例も豊富に掲載していました。

それだけ見るだけでもかなり参考になります。

結構おすすめですよ。

車種を選択するだけでこんな一覧表が見られます。

絶対参考になります。

年に1万キロ走行で無傷なら、ほぼほぼ正確な査定額がわかります。

それを基準にすれば、他のネット査定会社との交渉も安心して対応できます。

次はMOTAで3社に絞りました

10社、20社から電話が鳴りっぱなしの査定サイトはちょっとうんざりですよね。

そんななかでMOTA車買取はしつこい電話無しで3社に絞ってくれるのがおすすめです。

ここも仮の値段を知るのに最適でした。

3位までの価格がメールで来ます。

3社からは電話が来ますのでそこは仕方ないですね。

今回の1位は95万円です。

2位は70万円から100万円でした。

3位は57万円です。

車の状態で価格が違うのは仕方がありませんが、年式と距離だけでこれほど違うのはなぜなのでしょうね。

3位のお店には断りの電話をいれました。

1位のお店は県外なのと電話での見積りとのこと。

実車を見ないで見積しても、後からこんな傷があったとか言われると嫌なので断りました。

大手中古車サイトで実際に査定

2位の70万から100万円のお店に実際に査定しに行きました。

テレビでも有名な大手の○○モーターです。

驚いたのは、最初の査定の額がまったくインチキということ。

実際に査定してもらった結果は、査定一覧表を見せられて先程調べた夢カーの相場と同じ65万と言われました。

傷があってー10万は仕方ないと思っていたので、65万はうれしくなりました。

しかしです・・・・

他社で95万との見積もりがあったんですと伝えてみました。

すると、いきなりうちは100万円引くとのことです。

ここで、いきなり査定額が35万円上乗せです。

もし言わなければ、65万円プラスαで納得してしまったかもしれません。

担当の一言で30万以上査定額が変わるのは、ある意味最初の価格はインチキですよね。

車両価格と乗り出し価格の違いに注意

次に不思議に思ったのは、車両価格と乗り出し価格の差です。

通常何のオプションもつけなければ諸費用と保証でプラス10万円でしょう。

○○モーターの場合、私としては必要ないコーティングや延長保証で10万円がプラスされているんです。

これは、引けないとのことなんですね。最初は・・・でも、今日決めてくれればそれも引くとのこと。

絶対今日決めさせたいという強引な交渉です。

○○モーターでは販売価格160万円の新古車が30万円の手数料等をプラスして190万円でした。

そこに上乗せした下取り95万円を引くと95万円で新古車が購入できることになります。

しかしここにも罠があります。

新古車なのでETCやフロアマット、バイザー、CDオーディオなど最低限必要なものが付いていないのです。

これらを別途自分でつければ、結局支払総額は100万を超えます。

デーラーで査定

ディーラーでは下取りが72万円でした。

傷を考慮してもこの値段は破格でした。

でも、販売価格160万円の車がETCやフロアマット、バイザー、CDオーディオをつけて180万円です。

下取りを引く108万円の支払いです。

差額は多くても5万円ですね。

5万円しか違わなければ、新古車より新車の方がいいですよね・・・

いろんな条件で変わると思いますが、下取り額が30万違っても結局大きな差はないということは知っておいてくださいね・・・

中古査定販売会社は、今決めないとこの価格は出ませんなどと煽ります。

新しい車選びもろくにできないことが多いかもしれません。

そのくらいの差なら、お世話になっているディーラーの方にお願いした方が結果的にいいかもしれませんね。

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら