栃木の美味いもの:餃子の王将は宇都宮餃子ではない

関西系の餃子の王将は宇都宮餃子のお店とは全く違いました

宇都宮餃子がどういったものかは、人により違うと思います。

どちらがおすすめかも人によります。

ここは私の私見なのでご勘弁くださいね。

宇都宮餃子とは

餃子の売り上げ日本一を誇る宇都宮餃子

今は駅周辺に様々な餃子屋さんが乱立していますが、私としては次のお店が子どもの頃からの餃子屋さんでした。

みんみん餃子

正嗣餃子

香蘭

幸楽

がなんといっても老舗の宇都宮餃子です。

そのうち幸楽にはラーメンもありますが、他は餃子オンリーです。

ライスやビールとともに焼き餃子と水餃子を食べるだけなんです。

餃子の王将は

では、餃子の王将はというと餃子はメインですが、私的には中華料理店です。

看板は餃子の王将です。

でも、お店の前のメニューは餃子どころか様々な中華料理がいっぱいです。

夏の生ビール50円引きはこの暑さなので心を奪われます。

メニューを見ても様々なセットメニューや中華料理が並んでいます。

いわゆる餃子ライスは餃子1枚と2枚のセットがありました。

餃子定食というんですね。

こちらが餃子2枚の定食です。

これなら宇都宮餃子の仲間入りOKですね。

餃子の味はやはり全国チェーン店なので、宇都宮の他の餃子店と引けはとらないかなとは思いました。

ゆずダレと10倍辣油はここの特徴ですね。

辛味やゆずがお好きな方はお気に入りでどうぞ。

いわゆる宇都宮の餃子ではありませんが、いろいろな中華をお安く食べるならこちらもおすすめですね。

特に普通もりでなく小盛があるので、いろんなものが食べられる点もおすすめです。

今回はインターパークにある餃子の王将さんに行ってきました。

関連ランキング:餃子 | 雀宮駅

栃木県の情報あれこれはこちら

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

ヨーロッパゆる旅はこちら