栃木の美味いもの:古民家食堂tettogrande

 益子と真岡の境西田井の畑の中に佇む古民家食堂Tettograndeは南欧家庭料理のお店

農家の古民家を改装、床には大谷石を敷き暖炉を設置した昭和の趣を残すレストランです。オープン六年目を迎えます。本当に路地から外れた一軒屋の農家だったので、お客さんが訪れるようになるまでは、場所がわからず大変だったようです。

 

今は名前も知れ渡りナビが案内してくれます。場所や予約はこちらを御覧ください。

 〒321-4301 栃木県真岡市西田井1045−1

 電話0285-81-3705

 真岡と益子を結ぶ街道筋から路地を少しはいると、正面に一面の畑が現れます。すぐに大きな農家が見え看板と駐車場に停められた車が迎えてくれます。

石畳を歩き正面へ。大きなガラスの引き戸。動きません。かなり思い引き戸です。美味しいものを食べる前にお腹を減らすためでしょうか。(店主曰く、湿っている日は更に思いそうです。

 

お店に入ると、左手に洒落た炉端付きの小上がりがあります。右手は大谷石畳の上にテーブルとカウンター席。大きな暖炉が目に入ります。冬は暖炉のぬくもりで南欧料理が楽しめます。

天井には大きな梁が目立ちます。この柱と梁が何百年も持つ古民家の所以ですね。

ランチメニューはパスタとカレーがメイン。サラダとメインディッシュのセットです。 タンドリーチキンカレーは辛いですよと言われましたが、ほのかな辛さとチキンの旨味が絡み合った一品でした。

別に自家製のクッキがついた美味しいコーヒーが注文できます。

益子の陶器市が開催される中心街から離れているので、週末でも道路が空いているのがいいですね。暖炉の有る古民家食堂で南欧料理はいかがですか。

栃木の情報あれこれはこちら

 

栃木百名山登山の記録はこちら

 

栃木百名山一覧はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です