栃木の自然:八方ヶ原のツツジ満開

高原山の溶岩流でできた八方ヶ原、梅雨の時期はツツジが満開です。

ここ八方ヶ原は様々なツツジが揃っています。アカヤシオやシロヤシオは終わっていますが、梅雨の時期はヤマツツジ、サラサドウダン、レンゲツツジが満開を迎えます。

ヤマツツジは赤色の鮮やかさが素敵ですね。群生が一面を覆うととても見事です。ひとつひとつの花を見ても鮮やかですね。

こんなふうに一面をレンゲツツジが覆うと目を奪われますね。遠くに見えるのは大規模な火山噴火を起こした高原山ですね。高原山は大きなカルデラの一部です。釈迦ヶ岳が最高峰です。

サラサドウダンは花の形がちょっと違いますが、光を浴びてきれいに咲いています。やはり梅雨とはいえ青空が似合いますね。

矢板市では八方ヶ原のツツジが見頃を迎える土曜日にはバスを配車しています。2019年度は定員がいっぱいだそうです。来年以降はできれば早めに予約しましょう。

八方ヶ原バス

栃木の情報あれこれはこちら

栃木百名山登山の記録はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です