栃木の自然:モリアオガエルの生息地尚仁沢

尚仁沢の水汲み場の東に小さくてきれいな池があります。

この池には尚仁沢のきれいな湧水が流れ込んでいます。その水を求めて様々な生物が生息しています。

後世に残したい自然です。

まずはモリアオガエルの卵塊です。なんとなく肉まんに見えますね。

こんなふうに、池の上に伸びた枝に産み付けられています。でも、カエルは両生類、その子どもはオタマジャクシ。水がないと生きられないのでは。

でも大丈夫なんです。泡状のかたまりは、表面だけが乾いて卵を乾燥から守ってくれます。そして、卵から孵ったオタマジャクシは下の池にぼっちゃーんと飛び込むのです。

ちょっと気持ちが悪いですが、このようにオタマジャクシとなって池に落ちて生活するんですね。

池の近くにはシュレーゲルアマガエルの卵も有りました。シュレーゲルアマガエルは、高いところでなく、池の近くの低いところに卵を生みます。赤とんぼもオタマジャクシと戯れているようですね。

尚仁沢湧水のきれいな水が育む貴重な自然です。梅雨の時期の貴重な晴れ間ですが、尚仁沢のモリアオガエルとシュレーゲルアマガエルに会いに来ませんか。

栃木の情報あれこれはこちら

栃木百名山登山の記録はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です