栃木の美味いもの:上三依の「こま草」

日光市上三依の「こま草」は、手打ちそばと大盛り天ぷらがすごい

「こまくさ」は日光会津街道と国道400号の合流地点に有る手打ち蕎麦屋です。水車が回っている木造の落ち着いた店構えが印象的です。向かい側にはログハウスづくりの喫茶店があります。

店の中に入ると10人前後で満員になるくらいのこじんまりとした感じで、2人ほど空きを待っているという感じの賑わいです。

三依は標高600mを越えますから、夏は涼しくエアコンいらずですが、大きなストーブが店の真ん中にドカンと鎮座していました。

お水お茶などはセルフサービス、メニュウーも出されず壁に貼ったままです。なるほど納得、男の店員さん二人で営業してるとのこと、調理だけで手一杯なんですね。

人気はカレー?らしいですが。天ぷらそばときのこそば、そして揚げ餅を頼みました。

見ればわかるとおりの大盤振る舞いです。手打ちそばの旨さももちろんですが、天ぷら一人分の量が半端ありません。きのこそばの具の量もしかりです。ちょっと揚げ餅は量的に余計な感じでした。

2人で天ぷらそばともりそばを頼めば十分ですね。

食べている間にもお客さんがどんどん来店します。そろそろ食べ終わる頃、「ごめんなさい、そばが終わりました。」の声。朝から仕込んだお蕎麦がなくなったようです。でも今は午後1時過ぎたばかり。

大賑わいの手打ちそば「こま草」は、大盤振る舞いの天ぷらが美味いお店です。無くならないうちに早めのご来店を。

この看板が目印です。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へにほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ

栃木の情報あれこれはこちら

栃木百名山登山の記録はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です