栃木の自然:尚仁沢湧水群はけがれなき自然

栃木県塩谷町尚仁沢の湧水は日本名水百選のおいしい水です。

尚仁沢湧水は、四季を通じて水温が11℃前後で安定しています。冬でも水が枯れたり凍結したりしません。塩谷町からさくら市を流れる荒川はここ尚仁沢湧水を始め、高原山中から湧き出す清流に端を発しています。

尚仁沢湧水は県道宇都宮-藤原線の途中の尚仁沢はーとらんど・名水パークに水汲み場があります。でも。尚仁沢の湧水群は名水パーク手前の遊歩道入口に駐車して約2.3km歩いて20~30分のところにあります。詳しくは公式サイトにマップがあります。

尚仁沢湧水公式サイト

湧水群までは遊歩道になっていますが、滑りやすい上り坂や、一部土砂崩れ跡があるので注意してあるきましょう。

尚仁沢の水を水道水として利用するための取水堰を通り清流が流れる川沿いに北上すると湧水群に到着します。

こんなふうに湧水群では、いろいろな場所から水が湧き出しています。高原の恵みが流れ出てくると行ったイメージですね。

標高590mの尚仁沢湧水群は、日常の喧騒を忘れ大自然の懐でのんびりしたい、そんな人を待っていてくれるような、そんな場所だと思います。

栃木の情報あれこれはこちら

栃木百名山登山の記録はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です