栃木の自然:市貝町観音山梅の里(2020)

市貝町観音山梅の里(村上城址)の梅が見ごろを迎えました。

元は村上城が有った城跡に有る梅園です。

本丸の手前に千手観音をご本尊とする寿命院が有ります。

この山はそのご本尊の名前を取って観音山と呼ばれています。

いよいよ観音山の梅園の梅が満開を迎えました。

でも、コロナの影響で梅まつりは自粛です。

大きな駐車場はガラガラでした。

綺麗なトイレがもったいないくらいです。

こいのぼりも寂しそうにぶら下がっています。

でも、梅は元気に咲いています。

村上城址ということで、ちょっとした山になっているので見ごたえが有ります。

本丸が有った山頂までのんびり散策を楽しみました。

観音山の由来となる千手観音です。寿命院のご本尊様です。

本堂内に安置されていますが、近づくとライトが点灯してくれます。

ありがたく、写真を撮らせてもらいました。

この寿命院までの南斜面が梅園の一つ目です、さらに寿命院の裏手が梅園の二つ目になっていますので、見逃さないようにしましょう。

ちょっとした階段を上がると昔の本丸、観音山山頂です。

山東三角点と山名表示板も設置されていました。

ありがたいことです。

お昼近くなって駐車場も少しずつ埋まってきました。

近くの農家の庭先にも梅の花がチラホラ見られます。この一帯を梅の里と読んでいる証拠ですね。

木の枝では鳥がさえずり、フクジュソウも迎えてくれました。

いかがですか、梅が咲きそろった市貝町の観音山梅の里に出かけてみませんか。

地図はこちらです。拡大・縮小して見てください。

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です