栃木の自然:栃木で見たい花ベスト10

お出かけ先で出会った花のベスト10を選んでみました

栃木の山の花ベスト10を作成したので、里の花も選んでみました。

山の花ベスト10はこちらです。

ドライブなどで出会った花の中で印象に残っている花を選定してみました。

こちらも、順位は付けられないので季節順に掲載します。

2月上旬はまだ花があまりありません。ロウバイも有名ですが、セツブンソウを挙げます。

小さいけれども可憐な花が咲いているのは、栃木市の四季の森星野の群生地です。

近くの西方蝋梅園と併せてお出かけください。

場所はこちら

3月下旬は梅の花や早い桜も咲きだします。ここでは、カタクリを選定しました。

この時期あちらこちらでカタクリの開花が報告されます。

私のおすすめは那珂川町のカタクリ山公園です。

それほど混んでなく、ショウジョウバカマやニリンソウなども楽しめます。

その他、三毳山や那須野が原公園などいろいろな場所で見られますね。

場所はここ

4月は桜ですね。県内でも様々な桜の名所があり選ぶのが難しいですね。

ここでは、4月下旬に楽しめる、堂の下の岩観音と足尾の桜を選定しました。

那須郡那須町芦野の堂の下の岩観音は桜と巨岩と観音堂そして手前の菜の花と池がとってもマッチして一つの風景を醸し出しています。

栃木県内の桜では五本の指に入る桜でしょう。

場所はここ

二つ目の桜は、足尾の桜を選びました。

県内でも一番遅い開花です。

人里離れた場所なので、静かに花見を行うことができるのも足尾の桜のいいところです。

足尾の中にもいろいろ桜の名所がありますが、こちら銀山平のキャンプ場の桜を紹介します。

かなりの年数がたっている立派なさくらがあります。

場所はここ

5月上旬は藤の花ですね。ここでは、足利フラワーパークの大藤と上籠谷の藤を選定しました。

藤と言えば足利がフラワーパークの大藤ですね。

こちらの大藤は世界的にも有名ですね。

場所はここ

他にも藤の名所はありますが、宇都宮の藤と言えば上籠谷の藤を選定します。

こちらは、民家の庭先の藤を公開していただいています。

この時期には近くに駐車場も設置していただいています。

民家ですので、マナーを守って見学してくださいね。

場所はここ

6月下旬はニッコウキスゲですね。ニッコウキスゲと言えば霧降高原です。

霧降スキー場跡に咲くニッコウキスゲは有名ですが、鹿の食害でずいぶん減ってしまいました。

現在は、施設の方々が策をつくったり苗を植えたりして回復してきています。

健康のため、天空の階段1440段を登りながら見るのをおすすめします。

場所はここ

7月はシラユリの季節ですね。

あちこちで白い大きなシラユリが目立ってきます。私のおすすめは日光だいやがわ公園のシラユリです。

大輪のシラユリが広い園内に咲き誇っています。

周回しながら愛でるのが楽しみです。

場所はここ

8月に入ると、人工的な植栽ですが、ハンターマウンテン塩原のユリパークがおすすめです。

日本最大級の400万株のユリは見ごたえ抜群です。

リフトで上がり上から見下ろしたり、その後のんびり歩いて下りながら散策するのがおすすめです。

場所はここ

9月に入ると花が少なくなりますが、この時期彩を添えるのがコスモスです。

コスモス畑も、県内あちこちで見られます。ここでは、宝積寺グリーンパークを紹介します。

青空にコスモスの花がとても映えますね。

この時期は河川敷の駐車場も解放になるので、渋滞はさほどありません。ありがたいことです。

高原山や日光連山をバックにお気に入り風景を楽しんでくださいね。

場所はここ

私の思いで選定してみましたが、県内には花の名所は季節ごとに星の数ほどありますね。

人によってもおすすめは違うと思います。

自分なりのベスト10を選ぶのも楽しいですよ。

また、身近な公園などに咲く花もよく見ると素敵ですね。

スミレの花も色や作りが微妙に違うので、楽しめますね。

いかがですか、季節ごとの花を紹介してみました。

まだまだ、コロナの影響が厳しい昨今ですが、これからは徐々に花の季節になります。

密を避けてのんびりお出かけしてみませんか。

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です