栃木の名所旧跡:矢板市民の憩いの場長峰公園

矢板駅の北にある長峰公園は、つつじの名所です。

2021年4月9日長峰公園のつつじは、もう咲き始めました。

今年は冬が短く、あっという間にソメイヨシノが咲きもう葉桜です。

園内には、多種のつつじがありますが、早いものはどんどん咲いています。

今回は長峰公園を紹介します。

日本の都市公園100選にも選ばれたこの公園には、約5000本のツツジが植栽されています。

つつじだけでなく、桜やなどの木々や、四季折々の花壇の花々が迎えてくれます。

今回訪ねた時は先ほども書いたようにソメイヨシノは葉桜になっていましたが、枝垂桜が満開でした。

園内に入ると大きな駐車場があります。

100台くらい入る駐車場が南側と北側にあります。

普段なら十分駐車可能なスペースです。

公園の中心には、芝生の大きなグランドがあります。

その周囲が歩道になっていて大勢の方がウォーキングに励んでいました。

右手には大きな築山があります。

頂上には高さ15mほどのシンボルタワーがあります。

こちらに登ると公園の全体像がつかめますし、晴れていれば高原山や日光連山が眺められます。

道の両側にはつつじがあるので、その時期はさぞやきれいだと思います。

今回はつつじは、早いものが咲き始め多くのものはつぼみが膨らんだ感じでした。

道端にはハナニラやムスカリなどが咲いていました。

タンポポもたくさん咲いています。

花の会がスイセンを植えてくれているのですが、もう終わりかけでした。

シンボルタワーに登り、眺めてみました。

上まで早歩きの登ると結構な運動になります。標高差30mくらいはありそうです。

つつじの植栽の中をかわいい鳥たちがさえずっています。

今回見かけたのは、マヒワとツグミでした。

マヒワがこんなにたくさんいる公園は初めてでした。

黄色くてかわいい小鳥です。

息を切らしていよいよ頂上です。

高原山が見えましたが、日光連山は曇って見えませんでした。

眼下にはグランドと満開の枝垂桜が見えます。

タワーから下りグランドの北側に向かいます。

今度は斜面を下ります。

下りはらくちんですね。

しばらく下ると、もうかなり咲いているつつじがあります。

クロフネツツジと、ミツバツツジです。

なんで今頃咲いているのか・・・

今年は以上ですね。例年は四月下旬んですから。

ここからグランドに沿って西に向かうと、遊具のある広場が二か所あります。

子供たちがたくさん遊んでいます。

一番いい気候ですね。

最後は南を回って駐車場に戻ります。

日陰のところでは、ソメイヨシノが残っていました。ラッキー

こちらには、ちょっとした池があります。

カルガモや、コガモがのんびりと戯れています。

いい光景ですね。

いかがですか、花や小鳥に触れてのんびりと散策しませんか。

場所はこちらです。

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です