南那須花三昧:春の花めぐり

4月の南那須はイワウチワとカタクリそして桜並木

のんびり来るまでドライブがおすすめです。

宇都宮をスタートして30分、大金桜づつみウォーキングトレイルです。

それほどたくさんの桜ではありませんが風光明媚な散歩道です。

脇を流れる荒川の清流が蛇行しているので並木の全貌が見えるのがいいですね。

近所の人でしょうかのんびり散策しています。

大金駅と大金のつり橋の間なんですね。

満開の桜です。

この週末までは見られそうですね。

対岸の山の中にはヤマザクラでしょうか???

山が萌えていますね・・・

こんな風にカーブしているのがいいです。

遠くから見るとこのくらいの長さの桜並木です。

ここから15分ほどで那須烏山の龍門の滝です。

龍門の滝の駐車場の脇には大平寺が有ります。

カタクリが咲いているというので、そちらに行ってみました。

こちらの散策道から上がります。

すぐにカタクリが広がっていました。

ちょっと見頃を過ぎた感じですが、一面のカタクリが圧巻ですね。

まだまだみずみずしいカタクリは残っています。

この週末は大丈夫ですね。

遊歩道にはみ出すほどのカタクリです。

金曜日なので誰もいませんでした。

こんなカタクリ独り占めです。

大平寺の本堂です。

右手の方に蛇姫の墓とか・・・

調べてみると

太平寺には川口松太郎の原作で映画や時代劇にもなった小説蛇姫様のモデルとなった姫が眠っているとのこと。

蛇姫の他にも伝説がありそうですね。

那須烏山市は民話を動画で配信しています。

民話を見てから那須烏山の名所を訪ねるといいですね。

次は龍門の滝です。

こちらは珍しい里の滝です。

結構豪快な滝です。

春の花とのコラボがいい感じですね。

こちらにも桜が植えてあります。

ちょうど見ごろでした。

こらから田んぼに水が入るからなのか、結構水量が多く豪快な滝でした。

滝壺まで降りることができるので下から眺めてくださいね。

途中ニリンソウの群生がきれいでした。

桜と豪快な滝のコラボは絵になりますね・・・

ここから20分で富山のイワウチワ群生地です。

金曜日なので駐車場は空いています。

歩きたくなければ第1駐車場まで砂利道5分ほどです。

でもできればここは川沿いを1kmほど歩いてください。

ニリンソウやニッコウネコノメソウなどの花が群生しているんです。

豪華さはないけれどよく見ると素敵な花ですよね。

ニリンソウに似ているけど、ちょっと小柄な花はトウゴクサバノオですね。

小さい花なので見過ごしそうです・・・

でもよく見ると黄色い小さな花弁が見えます。

スミレもちらほらです。

右は葉っぱが特徴ですね。

フモトスミレなのでしょうか???

左のものは分かりません。

ニッコウネコノメに似ていますが、左はネコノメソウですね。

右はセントウソウかな???

そんなこんなでやっと第1駐車場に着きました。

ここでは400円の入山料を払います。

整備してい売れるので仕方ないですね。

すぐにショウジョウバカマの群生です。

かなりたくさん咲いていますね。

最後の見ごろです。

そして満開のイワウチワです。

まあまあ残っていますね。

見頃はちょっと過ぎたかな???

淡いピンクのものや真っ白なもの。

かわいらしく咲いています・・・

そして新たに加わったのがうえまる花の丘庭園です。

黄色いレンギョウに赤のハナズオウ、そしてピンクの花桃などが咲き乱れています。

本当に桃源郷とはこんな感じなのかもしれませんね。

ハナズオウはもう少しで開花です。

でも赤いつぼみもきれいです。

白い桜と背景の山がいい感じですね。

足元にはムラサキサギゴケ、上空には飛行機雲です。

さらに15分でカタクリ山です。

こちらは近年駐車場代500円を取るようになりました。

まあ、整備してくれているので仕方ないですかね。

南側は咲き終わり気味でしたが、北側はまだ元気なものも残っています。

キクザキイチゲも残っていてくれました。

こちらはエイザンスミレが結構咲いていますね。

ミズバショウも南側はかなり育ってますが、北側は見頃でした。

ショウジョウバカマと一緒に咲いているのは素敵ですね。

帰りはさくら市のお丸山公園の桜、喜連川の河川敷の桜を眺めてきました。

さらに氏家ゆうゆうパークの桜も満開でした。

先週は5分咲きでしたが、花冷えだったので長持ちしていますね・・・

締めは宇都宮市白澤の桜づつみです。

こちらもいい感じに育ってきました。

はるうらら、南那須花三昧の旅は最高でした。

富山のイワウチワとカタクリ山はこちらです。

龍門の滝はこちらです。

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら