ドコモのグループは難しい

難しいうえに、アハモにしたのでさらに理解ができなかった

今までは、家族5人同じグループで支払ってました。

私だけがアハモに切り替えましたが、何の問題もなかったのです。

アハモでもファミリーグループや一括請求グループには入れます。

そんなわけで快適にアハモ生活を楽しんでいました。

アハモ生活

今は20GBで十分なのですが、5Gがいよいよ宇都宮の我が家にも届いたので、今後は必要になるかも・・・

そこで何気なく調べたら、アハモ料金をドコモゴールドで支払えば、プラス5ギガが無料とのこと。

早速支払いの変更をネットで申請しようとしたら、子回線なのでできませんとのことです。

早速色々調べてみたら、分からないことだらけ・・・・

何とか理解できたので、こちらに記録しておこうと思いました。

我が家は子供3人の5人家族ですが、一人は結婚して転居しました。

もう一人は結婚はまだですが別に住んでいます。

これまでは全員が家族割と光割りが使えるファミリーグループでした。

支払いも5人分妻のDカードでまとめて支払ってました。

こらは、一括請求グループというのが正式でした。

我が家では、妻が親回線で私と子供が子回線です。

私はアハモに乗り換えましたが、ファミリーグループと一括請求グループには継続して入っていました。

アハモもドコモのファミリーグループには入れますし、支払いも一括が可能です。

ポイントも家族でシェアしていますから。5人すべて同じファミリー、一括請求グループでよかったのです。

写真の一番外側の黒い枠です。

今回、私の支払いをグループから抜けるにあたって、子どもたちも成人しているので支払いは別個にすることにしました。

赤い枠です。

新しい一括請求グループを4個作るというイメージです。

妻と一人の子、子とオットが複数の一括請求、私と子一人が個別の請求です。

子供と妻はドコモ回線なので、ドコモショップに行ってすぐに完了です。

しかし私はアハモなので、ネットでもドコモショップでもできません。

調べてみると、郵送による申請でした。

こちらの申請書に必要事項を記入して、身分証明書のコピーをつけて申請します。

申請書がいろいろあるので「一括請求グループの支払いからの子回線の廃止」という申請書をダウンロードします。

これを探し出すまでにも一苦労でした。

今回やってみて、ファミリーグループ、一括請求グループ、親回線子回線、ポイントグループといろいろあるので、理解しないとうまくお得に活用できないことがわかりました。

念のためそれぞれのグループについて、ここに書いておきます

ファミリーグループ

ファミリーグループは家族割をするためのグループです。

離れて暮らす家族、遠くの親戚もOK!主回線から三親等以内の家族なら誰でも、20回線まで「ファミリー割引」のグループを組めます。

うちの場合、子どもの夫をファミリーに迎え入れました。

ドコモショップ、お電話または申込書郵送でのお申込みが可能です。

これは、簡単でした。

抜けるのも電話一本でOKだそうです。

一括請求グループ

一括請求グループは支払いをするためだけのグループです。

ファミリーグループ内ならば、どんな組み合わせでも可能です。

ただし、アハモの方が一度一括請求グループから外れると、戻すことはできないとのことです。

親子回線

ファミリー割引の代表回線契約者は1人しか決められません。

シェアパックや一括請求グループの親回線・代表回線契約者はファミリー割引内に複数設定する事が可能です。

つまり、ファミリー割引を適応するために親・代表回線を背呈するということですね。

私はアハモなのでファミリー割引が適応になりません。

個別にDカードゴールドで支払うと5ギガサービスが有るので、子回線から廃止しました。

ただ、ファミリーグループから抜けると、「家の光回線」が私のスマホに紐づいているので、ファミリーグループからは抜けない方が良いとのこと。

アハモでもファミリー割引するための人数にはカウントされるとのことです。

ポイント共有グループ

ポイント共有グループはDポイントを共有するためだけのグループです。

一括請求グループと同じメンバーの方でグループを組むことはもちろん、お支払いが別々のご家族や、ドコモのケータイ回線をお持ちでないご家族ともグループを組むことでdポイントを共有して使えるようになります。

ドコモのユーザーでなくても、Dカードを持っていれば共有できるんですね。

まあ、よくよく考えると3つのグループの存在が理解できますね。・・・・

ただし、親回線の方と一緒にドコモショップに行ければいいのですが、行けない場合は結構必要書類を理解するのが難しいです。

また、アハモの場合はドコモショップでできないの注意しましょう。

栃木県の情報あれこれはこちら

栃木百名山完全踏破の記録はこちら