大田原市の自然:半日空いたら出かけよう

早春の大田原市の観光名所を半日で満喫してみませんか。

羽田沼野鳥の森の白鳥と北金田のザゼンソウの群生地、そして笠石神社のフクジュソウは春の来訪を感じる大田原市の名所です。

それぞれの場所は車で10分ほど。

半日で三か所巡ることができます。

白鳥のビデオはこちらです。

羽田沼で見ることができるのは数種類の鴨と白鳥の家族です。

つがいの二羽と大きく育った子供の白鳥に遭えるのは、この時期ならではですね。

羽田沼野鳥公園の観光サイト

ざぜん草の群生地のビデオはこちらです。

そこから10分の北金田のザゼンソウの群落地は例年2月初旬から少しづつ先始めます。

また、周辺には那須与一ゆかりの「那須神社」があり、見逃せないスポットです。また弓の名手、那須与一で有名な扇の形をした屋根の「道の駅与一の里」が近くにあります。 併せて散策してみましょう。

北金田の観光サイト

そこからまた10分ほどで、早春のフクジュソウが満開の笠石神社にたどり着きます。

笠石神社は全国でも類を見ない石碑を祭ってある神社です。

普段は閉じられている本宮の中に国宝那須国造の碑が有ります。

実物を拝観したい方は入場料500円で見ることができます。

早春のおすすめは満開のフクジュソウです。

見事に咲いているフクジュソウは春の訪れを真っ先に教えてくれます。

いかがですか、半日空いたら大田原市の春の名所を訪ねてみませんか。

笠石神社観光サイト

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です